秋山好古 あきやま よしふる(1859〜1930)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛媛県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 愛媛県
生没年月日 安政6年1月7日〜昭和5年11月4日
1859年2月9日〜1930年11月4日)
号・別称等 信三郎(しんざぶろう)

解説

父は松山藩士。秋山真之の兄。陸軍士官学校卒業。陸軍大学校を経て、明治20年(1887)フランスに留学。日清戦争後、陸軍乗馬学校長に就任し、騎兵科の確立に尽力。日清・日露戦争では騎兵部隊指揮官として活躍した。日露戦争後は騎兵監、近衛師団長、朝鮮駐箚軍司令官などを歴任、大正5年(1916)大将に昇進。9年教育総監、12年予備役となる。退職後、郷里松山の中学校長を務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:将軍秋山好古 伝記小説
請求記号:661-38
白黒、9.2×13.1 cm