森有礼 もり ありのり(1847〜1889)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:も[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官政治家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 弘化4年7月13日〜明治22年2月12日
1847年8月23日〜1889年2月12日)

解説

父は鹿児島藩士。藩校造士館、藩洋学校開成所に学ぶ。慶応元年(1865)藩の留学生として英国に留学。米国を経て明治元年(1868)帰国後、新政府において徴士、外国官権判事、公議所議長心得、制度寮副総裁心得などをつとめる。一時離職し郷里に戻るが、再び出仕。米国在勤後の6年明六社を設立するなど、欧米思想の啓蒙に尽力。8年商法講習所設立に参画。以後駐清公使、外務大輔、駐英公使、参事院議官兼文部省御用掛等を歴任。第1次伊藤黒田各内閣の文相となる。憲法発布当日、国粋主義者に襲われ翌日死去。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm