元田永孚 もとだ ながざね(1818〜1891)

現在のカテゴリー:生年月日順:1810年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:も[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(人文科学)官僚
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 文政元年10月1日〜明治24年1月22日
1818年10月30日〜1891年1月22日)

解説

儒学者、宮内官僚。父は熊本藩士。藩校時習館で横井小楠に師事。明治3年(1870)藩知事細川護久の侍読となる。翌年宮内省へ出仕、明治天皇の侍講となる。10年宮内省に天皇側近としての侍補職設置を実現。12年藩閥政治を批判し天皇親政運動を展開するが失敗、侍補職廃止。14年1等侍講。19年宮中顧問官。21年から枢密顧問官。「教学大旨」の起草、「幼学綱要」の編纂等にたずさわり、教育勅語の起草にあたった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm