広瀬武夫 ひろせ たけお(1868〜1904)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:海軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 海軍軍人
出身地(現在) 大分県
生没年月日 慶応4年5月27日〜明治37年3月27日
1868年7月16日〜1904年3月27日)

解説

父重武は裁判官、兄勝比古は海軍少将。攻玉社を経て明治22年(1889)海軍兵学校卒業。30年ロシア留学に抜擢され、同国駐在武官としてドイツ・フランス・イギリスを視察。33年少佐。日露戦争には戦艦「朝日」の水雷長として出征。37年3月27日、第2回旅順港閉塞戦で「福井丸」の指揮官となり、行方不明の部下を捜索中にボート上で被弾、戦死した。死後中佐となり、軍神として国民的英雄となった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm