井上馨 いのうえ かおる(1836〜1915)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 山口県
生没年月日 天保6年11月28日〜大正4年9月1日
1836年1月16日〜1915年9月1日)
号・別称等 世外(せがい)

解説

父は萩藩の郷士。高杉晋作らとともに、尊王攘夷運動で活躍。維新後は参与、大蔵大輔、参議兼工部卿、外務卿などを歴任。明治9年(1876)特命副全権大使として日朝修好条規の締結に関わる。三井をはじめ、実業界とも深いつながりを持ち、鉄道事業などにも関与した。18年第1次伊藤内閣の外相に就任。鹿鳴館に象徴される欧化政策を展開し、不平等条約の改正に奔走。黒田内閣農商務相、第2次伊藤内閣内相、第3次伊藤内閣蔵相等を歴任し、引退後も元老として重きをなした。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:歴代首相等写真
請求記号:憲政資料室収集文書 1142
白黒、15.2×20.2 cm

写真3

新しいウィンドウで写真3の拡大画像を開きます

出典:幕末明治文化変遷史
請求記号:210.6-To591b2-t
白黒、6.5×10.6 cm