東久世通禧 ひがしくぜ みちとみ(1834〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:京都府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:公家・旧大名[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 公家・旧大名政治家
出身地(現在) 京都府
生没年月日 天保4年11月22日〜明治45年1月4日
1834年1月1日〜1912年1月4日)

解説

急進派の公卿。父は正五位下東久世通徳。文久3年(1863)、8月18日の政変により京都を追われ、長州へ下った七卿の一人。のち大宰府へ移る。維新後、帰京し、外国事務総督、神奈川府知事、開拓長官、侍従長などを歴任。明治4年(1871)の岩倉遣外使節団に随行。15年元老院副議長。17年伯爵。21年から枢密顧問官を兼任。23年貴族院副議長。25年から枢密院副議長をつとめた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm