服部誠一 はっとり せいいち(1841〜1908)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者ジャーナリスト
出身地(現在) 福島県
生没年月日 天保12年2月15日〜明治41年8月15日
1841年4月6日〜1908年8月15日)
号・別称等 服部撫松(はっとり ぶしょう)

解説

文学者。二本松藩儒官の長男。藩校敬学館に学び、のち江戸の聖堂に入る。その後故郷に戻り藩校教授となる。維新後、藩の公用人として再び東京に出るが、廃藩により失職。以後、著述を業とした。漢文に長じ、明治初年以来、『東京新誌』(1876)『吾妻新誌』(1883)などを発行した。特に、7年に発表した『東京新繁昌記』は大いに売れ、名声があがった。29年宮城県の中学校の漢文教師に招かれ、12年間在職した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm