蜂須賀茂韶 はちすか もちあき(1846〜1918)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:公家・旧大名[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 公家・旧大名官僚政治家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 弘化3年8月8日〜大正7年2月10日
1846年9月28日〜1918年2月10日)

解説

徳島藩主蜂須賀斉裕の次男。世子時代は朝命に応じて国事に奔走した。明治元年(1868)徳島藩主を継承し、新政府の議定として刑法事務局輔や民部官知事に就任。2年版籍奉還にともない徳島藩知事。5年イギリスに留学。帰国後は、大蔵省関税局長、参事院議官などをつとめた。15年特命全権公使としてフランスに駐在。17年侯爵。帰国後は、元老院議官、東京府知事、貴族院議長、文相、枢密顧問官などを歴任した。一方で、華族資産の有効活用を主張して北海道で農場を経営。俳句・能などを嗜み、その振興にも努めている。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm