副島種臣 そえじま たねおみ(1828〜1905)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:そ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:佐賀県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 佐賀県
生没年月日 文政11年9月9日〜明治38年1月31日
1828年10月17日〜1905年1月31日)

解説

父は佐賀藩士で国学者。藩校致遠館の教授を勤めたあと、フルベッキに師事、英学を修める。維新後新政府に出仕し、福岡孝弟とともに政体書を起草。明治4年(1871)外務卿に就任。マリア・ルース号事件の折衝にあたる。6年征韓論争に敗れ、下野。翌年愛国公党の設立に加わり、板垣退助後藤象二郎らと民撰議院設立建白書を政府に提出。のち宮中に出仕し、宮中顧問官、枢密顧問官、枢密院副議長を歴任。第1次松方内閣の内相もつとめた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm