蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
さまざまな蔵書印
 
日本の蔵書印は、中国や朝鮮のものと比べて印文、形、色など多種多様で変化に富んでいます。そこで、ここでは少し変わった蔵書印をご紹介いたします。
 
大きい印・小さい印
最も大きな蔵書印は、近江国仁正寺(のちに西大路と改称)藩藩校日新館の「日新館図書記」と福居芳麿の「谷蔵書記」で、どちらも縦15cm、横9cmを超えています。反対に最も小さい蔵書印は、中村俊定が使用した丸長印「中村」(縦6mm、横4mm)です。また、印文が最も長いのは先の福居芳麿の印で、238字あります。
大きい印・小さい印
印影を見る
 
古い印
時代を最も遡ることができる蔵書印は、聖武天皇(701-756)の「松宮内印」と、光明皇后(701−760)の「積善藤家」「内家私印」です。
古い印
印影を見る
 
変わった蔵書印
神代文字を使った、賀茂真淵の印文不詳印と常世長胤の「サカキノヤノシルシ」、また万葉仮名を使った今尾清香の「奈泥志古曾能爾乎左牟留布美良乃思流之」(なでしこぞのにおさむるふみらのしるし)や山川正宣の「麻佐乃布」などは、変わった文字を使用した蔵書印と言えるでしょう。
変わった蔵書印
印影を見る
 
動植物をモチーフにした印
文字を用いない蔵書印もあります。淡島寒月と小泉八雲の「烏」、加藤曳尾庵の「亀」、橘守部の「唐獅子」、木村仙秀の「橘」、新島八重子の「菊」、漆山天童の「鳥と魚」などはその例です。
動植物をモチーフにした印
印影を見る
 
天皇や外国人などの印
先の聖武天皇の「松宮内印」、孝明天皇の「此華」、後桜町天皇の「明和」などがあります。外国人の蔵書印としては、アーネスト・サトーの「英国薩道蔵書」、バジル・ホール・チェンバレンの「英王堂蔵書」、フランク・ホーレーの「寶玲文庫」などがよく知られています。戦国大名大内義隆の「日本国王之印」は、当時の時代背景をよく表している印です。
天皇や外国人などの印
印影を見る
 
カラフルな印
蔵書印の色彩は、普通朱色を使うことが多いのですが、稀に墨色のものも見られます。この2色以外では、松平忠房の「尚舎源忠房」や脇坂安元の「藤亨」などの藍色、本居大平の「藤垣内印」や小中村清矩の「阿豆麻居蔵」の緑色、佐伯有穀の「富山佐伯有穀蔵書」や森田柿園の「森田」の茶色などがあります。また、2色を組み合わせた蔵書印には本間光丘の「本間氏図書」がありますが、稀有な例です。
カラフルな印
印影を見る
戻る 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ