蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
わたなべ かざん 1793-1841
「蛮社の獄」で自刃した開明派文人画家
 
  名前  
  通称:登、名:定静、字:伯登・子安、
号:華山のちに崋山、寓絵堂、全楽堂
 
  職業
  三河国田原藩士
 
  人物
  江戸半蔵門外、田原藩上屋敷裏門脇の長屋で生れた。生計のため画を修め、儒学を佐藤一斎、のち松崎慊堂に学んだ。天保3年(1832)江戸詰年寄役の末席となり、海防を担当した。高野長英(たかのちょうえい 1804〜1850)、小関三英(こせきさんえい 1787〜1839)ら蘭学者と交わり、海外事情を研究した。天保10年(1839)「蠻社の獄(ばんしゃのごく)」に連座し、田原蟄居を命じられたが、天保12年(1841)自刃した。年49歳であった。
 
  画家としての崋山
  画家として名高い。西洋画の技法を取り入れ、写実性を高めた。肖像画「鷹見泉石像」は国宝。
 
  蛮社の獄
  天保8年(1837)、米国船籍のモリソン号が日本に通商を求めるために来航し、幕府が「外国船打払い令」により砲撃して退去させる「モリソン号事件」が発生した。幕府の強硬論に対し、渡辺崋山は『慎機論(しんきろん)』、高野長英は『戊戌夢物語(ぼじゅつゆめものがたり)』を執筆し、慎重論をとった。蘭学者らと交友し、影響力をもっていた崋山の存在を警戒していた幕府は、これを理由に崋山と長英を処罰した。
「蛮社」とは、崋山らのサークルの呼称。
崋山の手稿本
しんしゃくよちずせつ
『新釈輿地図説』
書誌事項 拡大画像
印影掲載資料
ちがくじもう
『地学示蒙』
書誌事項 拡大画像
全楽堂 田原藩士渡邉登蔵書記
蔵書印
ほかに、「崋山」、「全楽堂文庫」など5種知られている。
印影のよみ・大きさ
「全楽堂」(ぜんらくどう):53×19mm
「田原藩士渡邉登蔵書記」(たはらはんしわたなべのぼりぞうしょき):59×34mm
蔵書について
国立国会所蔵の「旧幕引継書」の中に「崋山没収本」と呼ばれる蘭書の翻訳書があるが、すべてが崋山の旧蔵書かどうかは不明。
参考文献
鈴木清節編『崋山全集』(崋山叢書出版会 1941)
佐藤昌介著『渡辺崋山』(吉川弘文館 1986)
戻る 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ