蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
まさおか しき 1867-1902
俳句・短歌の革新者
 
  名前
  本名:常規、幼名:処之助、通称:升、号:獺祭書屋主人、竹の里人
   
  職業
  俳人、歌人
 
  人物
  伊予国温泉郡藤原新町(現愛媛県松山市)に生まれる。父隼太は松山藩の下級藩士。
松山中学を中退して明治16年(1883)に上京、大学予備学校に通い、夏目漱石と知り合う。明治25年(1892)に東京帝国大学を中退。最初は小説を書いたが、俳句に転じ俳句革新をめざす。日清戦争従軍後、喀血し肺結核で病の床につくが、明治31年(1898)には「歌よみに与ふる書」を書いて短歌の革新にも情熱を傾けた。36歳で死去。野球を好んだことでも知られる。
 
  著述
  『寒山落木』(俳句)、『竹乃里歌』(短歌)、随筆として『墨汁一滴』、『病牀六尺』、日記『仰臥漫録』等がある。
 
 
獺祭書屋図書
蔵書印
ほかに、「子規子」、「正岡氏之図書」、「正岡」(3種)、「竹乃里人」が知られている。
印影のよみ・大きさ
「獺祭書屋図書」(だっさいしょおくとしょ):31×30mm
 
  蔵書について
  蔵書は書生時代に買い集めたものが大半を占める。明治24年末の自筆の蔵書目録に約840点、1,400冊を掲載。うち約580点、1,100冊が、現在法政大学図書館子規文庫中にある。
内容は広範囲に及ぶが、江戸後期に出版された俳譜・読本・音曲等が多く、江戸文学には特に通暁した収蔵ぶりである。古俳書については、東京図書館に通って手写もしている。
 
  参考文献
  『子規全集』(全25巻 講談社 1975-1978)
 
子規の自筆本
ぎんせかい
『銀世界』
書誌事項 拡大画像

 

戻る 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ