蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
しぶえ ちゅうさい 1805-1855
森鴎外の歴史小説で有名になった医師
 
  名前
  抽斎は号。幼名は恒吉、のちに全善(かねよし)。 字は道純、または子良。
   
  職業
  医者、書誌学者
 
  人物
  渋江抽斎の名は、「三十七年如一瞬。学医伝業薄才伸。栄枯窮達任天命。安楽換銭不患貧。これは澀江抽斎の述志の詩である。」からはじまる森鴎外の史伝小説によって知られている。鴎外は、武鑑(江戸幕府の職員録)を集めていくうちに、武鑑に渋江の蔵書印が捺されていることが多いことに気づき、渋江の名を注意するようになり、帝国図書館の『江戸鑑図目録』を見るに及んで、渋江抽斎なることを知ったと書いている。
抽斎の生まれは江戸の神田弁慶橋。家は代々弘前藩の定府医官で、文政5年(1822)に弘前藩の表医師として家督をついだ。医学を伊沢蘭軒、儒学を狩谷エキ斎、市野迷庵に学んだ。弘化元年(1844)、幕府の医学校躋寿館の講師、嘉永2年(1849)には公儀御目見の身分となり、コレラに罹り没した。享年54歳。
 
 
弘前醫官渋江氏蔵書記
蔵書印
ほかに、「渋江蔵書」「渋江氏珍玩」「三寿山房」「容安書院」が知られている。
印影のよみ・大きさ
「弘前醫官渋江氏蔵書記」(ひろさきいかんしぶえしぞうしょき):43×21mm
 
  蔵書について
 
印影掲載資料
えいろくよりほうせいにいたるおくにもとにっき
『永禄至宝永御国許日記』
書誌事項 拡大画像
抽斎の蔵書は、医学はもちろん、哲学、文学、史学、演劇、古銭におよび、蔵書は硬軟にわたった。3万5千部あったといわれる蔵書だったが、生存中から次男の優善が持ち出して、市中に出回った。
当館所蔵の旧蔵本には、宋版の『山家義苑』のほか、物語草子、黄表紙、三馬編集の『落語中興来由』がある。
 
戻る 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ