坂本 さかもと 竜馬 りょうま

生没年
天保6年11月 〜 慶応3年11月15日
1835 〜 1867年12月10日)
出身地
高知県
職業・身分
政治家

解説

生年が天保6(1835)年10月とする説もある。父は高知藩の郷士。嘉永6(1853)年江戸の北辰一刀流千葉定吉に師事。剣士として知られる。文久元(1861)年武市瑞山が結成した土佐勤王党に参加。2年脱藩して江戸へ出、勝海舟の門下生となり、神戸海軍操練所建設に尽力。慶応元(1865)年長崎の亀山に社中(のちの海援隊)を開く。薩長連合締結に努力し、2年西郷隆盛木戸孝允の盟約に立ち会った。3年6月後藤象二郎と長崎から海路上京する船中で、独自の国家構想である「船中八策」をまとめた。同年11月中岡慎太郎と共に京都で暗殺された。

関連資料

SNSでシェア

坂本 さかもと 竜馬 りょうま

坂本竜馬の肖像
  • 坂本竜馬の肖像1枚目
出典: