大塚 おおつか 楠緒子 くすおこ

生没年
明治8年8月9日 〜 明治43年11月9日
1875年8月9日 〜 1910年11月9日)
出身地
東京都
職業・身分
文学者
別称
久寿雄(本名)、楠緒(くすお)、楠緒子(なおこ)

解説

小説家、歌人、詩人。東京女子高等師範学校(後のお茶の水女子大学)附属女学校卒業後、佐佐木信綱夏目漱石らに師事して和歌、小説を学ぶ。明治28(1895)年『文芸倶楽部』に「暮ゆく秋」を発表、文壇に認められる。38(1905)年には『太陽』に厭戦詩「お百度詣で」を発表し、与謝野晶子とならび称された。

関連資料

著作

SNSでシェア

大塚 おおつか 楠緒子 くすおこ

大塚楠緒子の肖像
  • 大塚楠緒子の肖像1枚目
  • 大塚楠緒子の肖像2枚目
  • 大塚楠緒子の肖像3枚目
出典: