石橋 いしばし 思案 しあん

生没年
慶応3年6月2日 〜 昭和2年1月28日
1867年7月3日 〜 1927年1月28日)
出身地
神奈川県
職業・身分
文学者
別称
石橋助三郎(本名)、思案外子、一二三子(号)、雨香、自劣亭(別号)

解説

小説家。明治18(1885)年東京大学予備門在学中に尾崎紅葉、山田美妙らと硯友社を興し、『我楽多文庫』を創刊、同誌に第一作「仇桜遊里廼夜嵐」を掲載する。その後は新聞記者を経て博文館に入り、大正5(1916)年まで『文芸倶楽部』の編集に携わった。

関連資料

著作

SNSでシェア

石橋 いしばし 思案 しあん

石橋思案の肖像
  • 石橋思案の肖像1枚目
  • 石橋思案の肖像2枚目
出典:

関連人物