近代日本人の肖像

大槻 おおつき 文彦 ふみひこ

生没年
弘化4年11月15日 〜 昭和3年2月17日
1847年12月22日 〜 1928年2月17日)
出身地
東京都
職業・身分
学者(人文科学) 官僚
別称
大槻清復(本名)、復三郎(幼名)、大槻復軒(別号)、局外居士(別号)、仮名の舎(別号)、秋萍居士(別号)

解説

国語学者。儒学者の父大槻磐渓の影響で幼少より漢学に親しむ。洋学を志し、開成所、大学南校等で英学・数学を修めた。明治5(1872)年文部省に出仕し、8(1875)年から文部省の命により、日本最初の近代的国語辞典『言海』(1889-91)の編纂に携わった。ほかに『広日本文典』(1897)、『口語法』(1916)、『口語法別記』(1917)等を著し、国文法の研究に貢献した。晩年は『言海』を増訂した『大言海』の編纂に取り組んだが、没後の昭和12(1937)年に完成した。

関連資料

著作

SNSでシェア

大槻 おおつき 文彦 ふみひこ

大槻文彦の肖像
  • 大槻文彦の肖像1枚目
  • 大槻文彦の肖像2枚目
  • 大槻文彦の肖像3枚目
出典: