近代日本人の肖像

柳川 やながわ 春三 しゅんさん

生没年
天保3年2月25日 〜 明治3年2月20日
1832年3月27日 〜 1870年3月21日)
出身地
愛知県
職業・身分
学者(人文科学) ジャーナリスト
別称
西村辰助、西村良三、栗本(本姓)、春蔭(名)、臥孟、揚江(号)、柳家主人(号)

解説

洋学者、新聞・雑誌の創始者。漢学を修めたのち、伊藤圭介のもとで蘭医学を学んだ。元治元(1864)年幕府の開成所教授、のち頭取となる。語学才能が豊かで蘭学のほか英語、フランス語にも熟達し、多数翻訳し西欧学術の導入に貢献した。慶応3(1867)年日本初の雑誌『西洋雑誌』を、4年には日本人の手による最初の新聞『中外新聞』を創刊した。

関連資料

SNSでシェア

柳川 やながわ 春三 しゅんさん

柳川春三の肖像
  • 柳川春三の肖像1枚目
出典:

関連人物