五島 ごとう 慶太 けいた

生没年
明治15年4月18日 〜 昭和34年8月14日
1882年4月18日 〜 1959年8月14日)
出身地
長野県
職業・身分
実業家

解説

明治44(1911)年東京帝大法科大学卒業後、農商務省、鉄道院に勤務。大正9(1920)年退官し、武蔵電気鉄道(後の東京横浜電鉄)常務。11年目黒蒲田電鉄を設立し、専務に就任。昭和11(1936)年東京横浜電鉄と目黒蒲田電鉄の社長となり、14年両社を合併。17年には小田急電鉄、京浜電鉄を合併して東京急行電鉄と改称。鉄道沿線の宅地分譲や商店街造成、百貨店事業などの多角経営を実現し、東急グループを作り上げた。19年東条内閣運輸通信相。22年公職追放。解除後東急電鉄会長となった。美術館、大学の設立など文化事業にも尽力した。

関連資料

SNSでシェア

五島 ごとう 慶太 けいた

五島慶太の肖像
  • 五島慶太の肖像1枚目
出典:

関連人物