浜口 はまぐち 雄幸 おさち

生没年
明治3年4月1日 〜 昭和6年8月26日
1870年5月1日 〜 1931年8月26日)
出身地
高知県
職業・身分
官僚 政治家 首相

解説

生家の父は山林官。明治28(1895)年東京帝国大学法科大学卒業、同年大蔵省入省。40年専売局長官となる。大正元(1912)年逓信次官、3年大蔵次官。立憲同志会に参加し、4年に衆議院議員に初当選し、以後6回当選した。憲政会総務をつとめた後、加藤高明内閣蔵相、第1次若槻内閣内相、蔵相を歴任。昭和2(1927)年立憲民政党初代総裁。4年首相となり、金解禁を断行、ロンドン海軍軍縮条約調印を行う。5年東京駅で狙撃され重傷、翌年死去。

関連資料

リサーチ・ナビ

電子展示会「日記の世界」より

SNSでシェア

浜口 はまぐち 雄幸 おさち

浜口雄幸の肖像
  • 浜口雄幸の肖像1枚目
  • 浜口雄幸の肖像2枚目
出典: