板垣 いたがき 退助 たいすけ

生没年
天保8年4月17日 〜 大正8年7月16日
1837年5月21日 〜 1919年7月16日)
出身地
高知県
職業・身分
政治家

解説

高知藩主山内豊信の側用人などをつとめるが、藩の公武合体路線と相容れず、討幕派と連携。戊辰戦争で活躍。明治維新後、高知藩の大参事となり、藩政改革を行う。明治4(1871)年廃藩置県を断行。参議となり、岩倉遣外使節団派遣後の留守政府をあずかるが、征韓論が入れられず6年に下野。翌年、ともに下野した後藤象二郎らと民撰議院設立建白書を政府に提出。愛国公党や立志社を設立、自由民権運動の先頭に立つ。14年自由党の総理に就任。後に第2次伊藤内閣、第1次大隈内閣の内相をつとめた。

関連資料

SNSでシェア

板垣 いたがき 退助 たいすけ

板垣退助の肖像
  • 板垣退助の肖像1枚目
  • 板垣退助の肖像2枚目
  • 板垣退助の肖像3枚目
  • 板垣退助の肖像4枚目
出典: