ホーム > 東京本館 > 来館される方へのお願い > 【重要】東京本館に来館される方へのお知らせ(7月3日更新)

【重要】東京本館に来館される方へのお知らせ(7月3日更新)

緊急時の休館・開館時間の変更等はトップページ及び公式Twitterでご確認ください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京本館では3月5日(木)以来、 来館サービスを休止していましたが、6月11日(木)に再開しました。
ただし、今後も感染拡大防止を図るため、以下の対応を行います。ご理解とご協力をお願いします。

入館人数の制限

東京本館の来館サービスの利用を申込みフォームからの予約制とし、1日当たりの入館者数を制限しています。予約をされていない方は入館できません。

入館時の検温

  • 入口において、サーモグラフィによる検温を実施します。発熱のある方はご入館いただけません。
  • 発熱、咳、喉の痛み、だるさなどの症状がある方又は過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域へ訪問したことがある方は、来館をご遠慮ください。

マスクの着用

館内では、必ずマスクの着用をお願いします。また、咳エチケットにもご協力ください。

手指消毒

入口、本館ロッカー前、フロア等にアルコール消毒液を用意しています。こまめな手指消毒・手洗いにご協力ください。

滞在時間の短縮

資料の所在を来館前に確認するなど、滞在時間の短縮にご協力ください。国立国会図書館の所蔵資料は、国立国会図書館オンライン(https://ndlonline.ndl.go.jp/)でご確認いただけます。

職員の対応

職員もマスク等を着用して対応させていただきます。あわせて、各カウンターには、ビニールカーテンを設置しています。また、ご案内の際には距離を取っての対応に努めています。

館内の環境

  • 身体的距離を確保するため、閲覧席、端末席の数を少なくしています。また、カウンターによっては、床面にテープを貼り、並ぶ位置を示している場合があります。
  • 定期的な掃除、換気を行っています。館内の端末については、アルコール入りウェットティッシュにて掃除を行います。

感染者が確認された場合の対応

来館利用者等から新型コロナウイルスの感染者が確認された場合は、感染者と濃厚接触の疑いがある利用者の利用者情報を保健所等の公的機関に提供することがあります。登録連絡先(メール、電話番号)の更新にご協力をお願いします。

その他

  • 混雑状況により、専門室ごとに入室制限を実施する場合があります。
  • 参観及び利用ガイダンスは、当分の間、実施しません。
  • 当日利用カードの発行は、当分の間、行いません。
  • 18歳未満の方への来館サービスは、当分の間、行いません。
  • 来館せずに利用できるサービスがあります。こちらもご利用ください。遠隔複写サービスは5月20日(水)から受付を再開しています。
  • 食堂・売店等の営業時間については、利用時間・休館日をご覧ください。

問い合わせ先

利用者サービス部サービス運営課
電話:03-3581-2331(代表)

このページの先頭へ