ホーム > 報告書・刊行物 > びぶろす > 83・84合併号(平成31年4月)

びぶろす-Biblos

83・84合併号(平成31年4月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412

8. 【支部図書館紹介】
支部特許庁図書館を見学して

海上保安庁装備技術部管理課 鮫島 一洋

1.はじめに

平成30年度行政・司法各部門支部図書館職員特別研修「支部特許庁図書館見学」が平成31年2月8日(金)に実施され、各支部図書館等から19名の参加者が集まりました。

2.特許庁図書館の概要

現「特許庁図書館」の前身となる図書館が制度上正式に設置されたのは明治20年ですが、実質的には明治17年に農商務省工務局内に商標登録所が設置された際、同所に置かれた図書館が始まりであり、その後、幾多の変遷を経て、現在に至っています。

特許庁図書館は、産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)関係の唯一の専門図書館として、国内外の産業財産権、法律関係の図書等を中心に収集しているほか、一般行政事務に必要な図書等も収集しています。

蔵書は、和図書約32,000冊、洋図書約5,400冊、逐次刊行物1,102タイトルのほか、マイクロフィルム・CD等の非図書資料2,240種を所蔵しており、職員のみならず、一般利用者にも公開しています。

現在は、特許庁本庁舎改修工事のため仮設場所に縮小して移転し、運営を行っています。

3.移転の際の問題点

図書館の移転に際し、苦労した点を司書の方々から伺いました。

工事が始まった平成26年12月から平成27年2月中旬までは、地下1階の小さな仮書庫4箇所の書棚、キャビネット、折りたたみコンテナボックスに資料を収納しましたが、それでもスペースが不足し、やむなく地下2階の駐車場にもコンテナを置きました。結果、仮書庫が分散していたため、資料を探すのに時間がかかってしまいました。

新たな仮書庫として地下2階の広い多目的会議室に書架を設置し、平成27年2月中旬~下旬にかけて5箇所に分散していた資料を1箇所に集約しました。しかし、専用の書庫ではないので天井が不必要に高く、勤務時間外は空調が切れることから空気が滞留し、温度や湿度をコントロールできません。そのため、資料の保管環境としては好ましくなく、湿気対策として送風機や除湿剤を設置しています1

移転前の閲覧方法は、開架式だったので利用者自ら資料を探すこともできました。移転後は仮書庫で保管し閉架式になったため、出納制となりました。そのため、司書はよく聞かれる資料を把握していることが求められます。

4.閲覧室及び書庫の見学

閲覧室は、地下1階にあり、面積53㎡、席数12席です。閲覧、貸出の割合が多い特許・実用新案・意匠・商標・著作権関連の図書を主に置いています。「特許庁図書分類表」に従い、産業財産権に関する資料は独自分類の「特」を用いています。

閲覧室の内部1

図書館の利用に際し、以前までは、複数の書類2の記載が必要でした。司書の方々が試行錯誤を繰り返し、特許庁職員に対しては職員用図書館利用書という1枚の書類にまとめ、一般利用者には閲覧票という1枚の書類に記入をお願いしています。

カウンターには、複写の際にページを指定する栞が用意されており、資料の複写の際に使用します。利用者への心配りが感じられました。

閲覧室の内部2

資料の大部分が保管されている書庫は地下2階にあり、面積は184㎡で、約140列の手動集密書架と、その奥のキャビネットに、製本済雑誌、洋書、一般書籍、行政資料のほか、特別コレクションや貴重資料が配置されています。

資料請求の都度、司書の方々が書庫に降りて行き、書架を移動させ該当の資料を見つけて、利用者に渡しています。

広い多目的会議室を利用した書庫

5.おわりに

今回の研修で、支部特許庁図書館の皆様が、利用者の利便性を図るため、日々、知恵を絞り工夫を凝らしていることや、図書館の移転には多大な労力と入念な準備が必要なことがわかりました。

最後に意見交換の時間がありましたが、他にも2館の支部図書館が耐震工事等で移転を予定しているとのことで、いろいろな質問が出ていました。図書館の移転を経験することは滅多になく、遭遇した職員は困惑することになります。中央館及び支部図書館の間で、移転のノウハウの共有・継承をしていける仕組みがあれば良いと考えました。

今回の研修では、御多忙中、丁寧に対応していただいた支部特許庁図書館の皆様に心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。

(さめしま かずひろ)

(本稿は、筆者が支部海上保安庁図書館在籍中に執筆したものである。)
  1. 見学の翌週、カビ対策として業者による書庫清掃も行った。(編集部注)
  2. 職員は3種類(職員入室名簿・図書閲覧依頼書・借用書)、一般来館者は2種類(閲覧票・図書閲覧依頼書)。

このページの先頭へ