ホーム > 新着情報 > ニュース > 中曽根康弘関係文書を公開しました

2019年8月14日 中曽根康弘関係文書を公開しました

このたび、東京本館憲政資料室(閲覧許可制)では、中曽根康弘関係文書(全2,194点)を、公開しました。
中曽根康弘氏は、昭和22年に衆議院議員に初当選、科学技術庁長官をはじめとする閣僚を歴任した後、昭和57年に内閣総理大臣に就任し、平成15年に政界を引退しています。
主な内容は、中曽根氏が自身の政策を表明した小冊子や講演録(印刷)、『中曽根内閣史』全6冊(平成7~8年)の編纂のために中曽根事務所が集めた資料(日程表など)、支持者が作成した資料、中曽根氏をめぐる新聞記事などです。

このページの先頭へ