ホーム > 新着情報 > ニュース > 資料の遡及入力に伴う利用停止について

2019年7月4日 資料の遡及入力に伴う利用停止について

関西館アジア情報室では、昭和60年までに整理された中国語図書のうち、国立国会図書館オンライン(国立国会図書館検索・申込オンラインサービス)で検索ができない資料の遡及入力を実施しています。
遡及入力作業のため、令和元年7月上旬から、下記の予定で一部の資料の利用を停止します。

利用を停止する資料

昭和60年までに整理された、請求記号がK~Uまたは0~2で始まる中国語図書の一部 約2,000冊

利用停止期間
令和元年7月上旬~令和元年11月末(予定)
  • 対象となるのは、国立国会図書館オンラインには収録されておらず、東京本館や関西館に設置されているカード目録等でのみ検索できる資料です。来館でのご利用にあたっては、事前に利用可能かどうかお問い合わせください(関西館アジア情報室資料案内:0774-98-1390(直通))。
  • 対象資料が国立国会図書館オンラインで検索できるようになるのは、令和2年1月から3月頃の予定です。
  • 利用停止期間等は変更する場合があります。

利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

このページの先頭へ