ホーム > 関西館は2022年で20周年

関西館は2022年で20周年

国立国会図書館関西館20周年記念ロゴマーク

関西館は、図書館資料の増加に対応する大規模書庫として、また、情報通信技術が発展する時代に対応した図書館サービスを提供する拠点として京都府相楽郡精華町に建設され、令和4(2022)年10月7日に開館20周年を迎えます。
令和2(2020)年には約500万冊の収蔵能力を持つ書庫棟が完成し、より多くの資料を保管できるようになりました。
来館及び遠隔利用の方への資料提供、図書館に対する協力事業、インターネットを通じた資料へのアクセスを提供する電子図書館事業など、今後もさまざまな図書館サービスを提供していきます。

イベント

この機会に、下記のイベントを開催します。ぜひご参加ください。詳細は、順次このページでご案内いたします。

講演会「多様性を重んじる「共生社会」の実現と「国立図書館」の役割」(関西館開館20周年記念)

講師

ウスビ・サコ氏(京都精華大学前学長/全学研究機構長)

日時・会場

令和4(2022)年9月16日(金)13時~14時15分・オンライン開催
詳細・お申込方法は講演会のページをご覧ください。

※「けいはんな学研都市7大学連携 市民公開講座2022」の一講座として実施します。

お問い合わせ

国立国会図書館関西館総務課
〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
電話:0774-98-1224(直通)

このページの先頭へ