ホーム > イベント・展示会情報 > 令和2年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-これまでの10年とこれからの10年-

令和2年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-これまでの10年とこれからの10年-

令和3年は東日本大震災の発災から10年の節目の年となります。この間、各地で東日本大震災に関するアーカイブが構築され、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)を通じた連携が実現しました。
本シンポジウムでは、東日本大震災の被災地における震災アーカイブの事例報告を行うほか、震災アーカイブに関する有識者を招き、東日本大震災に関するアーカイブのこれまでの取組を総括し、今後の方向性について議論します。

プログラム(敬称略)

事例報告
  • 「大槌町震災アーカイブ~つむぎ~の取組について」
    北田竹美(大槌町副町長)
  • 「東日本大震災・原子力災害伝承館における取組について」
    瀬戸真之(福島イノベーション・コースト構想推進機構東日本大震災・原子力災害伝承館事業課課長代理)
総括報告
  • 「東日本大震災アーカイブ宮城の10年」
    日比遼太(宮城県図書館資料奉仕部震災文庫整備班主事)
  • 「メディアと震災アーカイブの10年」
    山口 勝(NHK放送文化研究所メディア研究部主任研究員)
  • 「震災アーカイブの10年-ひなぎくとの連携を通じて」
    中川 透(国立国会図書館電子情報部主任司書)
  • 「震災アーカイブのこれまでの10年とこれからの10年」
    柴山明寛(東北大学災害科学国際研究所准教授)
パネルディスカッション「これまでの10年とこれからの10年」
(進行)
柴山明寛
(パネリスト)
南 正昭(岩手大学教授、東日本大震災津波伝承館運営協議会会長)
上記報告者全員
日時 2021年 1月11日(月) 14時00分~16時00分
会場 ウェブ会議システム(Zoom)によるオンライン開催
募集人数 300名(先着順。定員に達した時点で申込受付を終了します。)
参加費 無料
申込方法 「みちのく震録伝」(外部サイトへリンク)のシンポジウム案内にある申込みフォームからお申込みください。
お問い合わせ先 東北大学災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 災害アーカイブ研究分野担当 小野、柴山
電話番号:022(752) 2099
E-mailアドレス:archiveforum(at)irides.tohoku.ac.jp
*(at)は半角記号の@に置き換えてください。