ホーム > イベント・展示会情報 > 2019年度のイベント > 「ジャパンサーチ発進!~連携拡大に向けて」

「ジャパンサーチ発進!~連携拡大に向けて」
(終了しました)

2019年2月、ジャパンサーチ試験版(外部サイトへのリンク)が公開されました(*)。
ジャパンサーチ試験版の連携促進のため、連携を希望される機関の方々や、関心をお寄せくださる関係者に向けて、内閣府知的財産戦略推進事務局との共催により、説明会を開催します。
ジャパンサーチ試験版は、デジタルアーカイブジャパン推進委員会・実務者検討委員会(外部サイトへのリンク)の方針のもと、さまざまな分野の機関との連携・協力により、国立国会図書館がシステムを運用しています。
本説明会では、ジャパンサーチ試験版の機能、連携方法等の説明に加えて、連携・利活用事例の報告、参加者からの質問も交えたパネルディスカッションを行います。

*ジャパンサーチとは、さまざまな分野のデジタルアーカイブが連携して、我が国が保有する多様なコンテンツのメタデータをまとめて検索できる「国の分野横断統合ポータル」です。詳細は「ジャパンサーチの概要」参照(外部サイトへのリンク)。

案内ちらし(PDF: 977KB)

プログラム


  • 開会挨拶
  • 内閣府知的財産戦略推進事務局次長 内藤 敏也


  • 第Ⅰ部:「ジャパンサーチ(試験版)」について
    • ジャパンサーチ(試験版)の機能と連携方法について
    • 国立国会図書館電子情報部副部長 木藤 淳子


    • ジャパンサーチ(試験版)との連携事例報告
    • 国立公文書館総務課総括係長/総務課情報システム係長 平野 宗明
      東京国立博物館学芸企画部博物館情報課情報管理室長 村田 良二
      国立新美術館主任研究員 室屋 泰三
      人間文化研究機構総合情報発信センター特任准教授 大内 英範
      立命館大学衣笠総合研究機構准教授 金子 貴昭


    • ジャパンサーチ(試験版)のメタデータ利活用事例報告
    • ゼノン・リミテッド・パートナーズ代表 神崎 正英
      東京大学情報基盤センターデータ科学研究部門助教 中村  覚


  • 第Ⅱ部:パネルディスカッション「デジタルアーカイブをつなぐ意義~ジャパンサーチに期待すること」

    モデレーター:国立情報学研究所教授 高野 明彦
    パネリスト: 国立国会図書館電子情報部副部長 木藤 淳子
    東京国立博物館学芸企画部博物館情報課情報管理室長 村田 良二
    国立新美術館主任研究員 室屋 泰三
    人間文化研究機構総合情報発信センター特任准教授 大内 英範
    立命館大学衣笠総合研究機構准教授 金子 貴昭


  • 閉会挨拶

    国立国会図書館電子情報部長 佐藤 毅彦


日時 2019年 7月17日(水) 14時00分~17時00分 (13時30分受付開始)
資料整理休館日。図書館サービスはご利用いただけません。
会場 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
国立国会図書館 関西館 第一研修室(テレビ会議システムによる中継。関西館側からも質疑をお受けします。)
募集人数 (東京本館)300名(関西館)60名
(先着順。定員に達し次第、募集は終了いたします。)
参加費 無料
申込み締切 2019年7月16日(火)17時
お問い合わせ先 国立国会図書館 電子情報部 電子情報企画課 連携協力係
電話: 03-3506-5239(直通)  E-Mail: deventat n d l dot g o dot j p