ホーム > 採用情報 > 平成31年度国立国会図書館障害者選考採用について

平成31年度国立国会図書館障害者選考採用について

国立国会図書館では、障害のある方を対象に、職員の選考採用を行います。本選考採用は、国立国会図書館が独自に実施するものです。最終合格した方が採用予定者となります。

国立国会図書館では、次の職員を募集します。

  1. 一定の実務経験や調査・研究経験に基づき、当館業務に従事する職員(係長級)
  2. 当館業務に従事する職員(係員級)

このほか、平成31年度国立国会図書館職員採用試験の受験も可能です。

Ⅰ 一定の実務経験や調査・研究経験に基づき、当館業務に従事する職員(係長級)

専門的知識や実務経験等を活用して、担当業務に関して問題点の的確な把握や課題対応を行う能力が求められるほか、上司・部下等と協力的な関係を構築し、担当する事案について分かりやすい説明を行い、計画的また確実な業務遂行が求められます。

1 職種例

  • 国会サービス(調査業務)
    専門的な知識を深め、それを土台として、情報の収集と分析、調査内容の分かりやすい解説(文書あるいは口頭)を行う能力が求められます。
  • 図書館サービス一般
    当館の図書館サービス向上に取り組むことのできる能力が求められます。
  • 視覚障害者等図書館協力サービス
    専門的知識や実務経験等をいかし、視覚障害者等図書館協力サービスの企画・調整を担う能力が求められます。

2 応募資格

次の要件を全て満たす者

  • (1)昭和35(1960)年4月2日以降に生まれた者
  • (2)学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者又はこれらと同等の資格があると館長が認める者で、大学を卒業後7年以上、短期大学及び高等専門学校を卒業後10年以上の実務経験(調査・研究経験も可)を有する者
  • (3)以下のいずれかに該当する者※
    • 身体障害者手帳(身体障害者福祉法第15条)の交付を受けている者
      *都道府県知事の定める医師若しくは産業医による障害者雇用促進法別表に掲げる身体障害を有する旨の診断書・意見書(ただし、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害については、指定医によるものに限る。)も可能
    • 都道府県知事又は政令指定都市市長が発行する療育手帳の交付を受けている者又は児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医若しくは障害者職業センターにより知的障害者であると判定された者
    • 精神障害者保健福祉手帳(精神保健及び精神障害者福祉法に関する法律第45条)の交付を受けている者
  • いずれの手帳についても、交付申請中の者は、第2次選考日までに交付を受けている必要があります。

ただし、次のいずれかに該当する者は応募できません。

  • (ア)日本国籍を有しない者
  • (イ)国会職員法(昭和22年法律第85号)第2条の規定により国会職員となることができない者(次の①から④に該当する者)
    • 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
    • 懲役又は禁錮の刑に処せられて、その刑の執行を終わらない者又はその刑の執行を受けることのなくなるまでの者
    • 懲戒処分により官公職を免ぜられ、その身分を失った日から2年を経過しない者
    • 前3号のいずれかに該当する者のほか、国家公務員法(昭和22年法律第120号)の規定により官職に就く能力を有しない者

3 採用予定人数

若干名

4 応募書類

指定する様式で提出してください。

  • 履歴書 (様式あり) PDF word テキスト
  • 職務や調査・研究に係る経歴についての説明書 (様式あり) PDF word テキスト
  • 志望理由書(実務経験や調査・研究経験を踏まえて、国立国会図書館でどのような貢献ができると考え、当館を志望したか)(様式あり) PDF word テキスト
  • 配慮事項調査票(係長級) (様式あり) PDF word テキスト

5 選考方法

(1) 選考内容

  • 第1次 書類選考(①履歴書②職務や調査・研究に係る経歴についての説明書③志望理由書にもとづく審査)
  • 第2次 面接

(2) 選考会場

第2次選考は、国立国会図書館東京本館(東京都千代田区永田町1-10-1)で行います。

(3) スケジュール

申込み受付期間 4月22日(月)~5月31日(金)(消印有効)
応募書類①履歴書②職務や調査・研究に係る経歴についての説明書③志望理由書④配慮事項調査票(係長級)を郵送で提出してください。
詳しくは、「応募・選考の注意事項(係長級)」を御確認ください。

第1次選考合格者発表 6月12日(水)

第2次選考(面接) 7月2日(火)~4日(木)の指定する日

最終合格者発表 7月12日(金)以降

6. 採用・待遇等

(1) 採用年月日

平成31(2019)年8月1日(木)以降 ただし当人の都合等を考慮します。

(2) 身分

国会職員としての身分を有します。

(3) 給料

「国会職員の給与等に関する規程」に基づき、職歴等に応じて決定されます。

  • 昇給は年1回
  • 次の諸手当などが支給されます。
    地域手当、期末・勤勉手当、扶養手当、住居手当、通勤手当等

(4) 勤務地

東京都又は京都府

職種による例

国会サービス(調査業務)の場合 原則として東京本館(東京都千代田区永田町1-10-1)

図書館サービス一般の場合 東京本館、関西館(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)、国際子ども図書館(東京都台東区上野公園12-49)のいずれか

視覚障害者等図書館協力サービスの場合 原則として関西館(東京本館の場合もあります。)

(5) 福利・厚生

衆議院共済組合国立国会図書館支部の契約する施設に加え、国家公務員共済組合連合会(KKR)の運営する医療機関、各種保養施設・宿泊施設等を組合員価格で利用できます。

(6) 勤務時間・休暇

  • 勤務時間
    原則として9時から17時45分まで(休憩時間12時から13時まで)
  • 休暇
    年次休暇(年間20日)、病気休暇、特別休暇(夏季休暇、産前産後休暇、忌引休暇等)、介護休暇

Ⅱ 当館業務に従事する職員(係員級)

1 職種

業務は、本人の特性や職場の状況に応じて、決定します。

2 応募資格

次の要件を全て満たす者。

  • (1)昭和35(1960)年4月2日以降に生まれた者
  • (2)学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者、平成32(2020)年3月までに卒業する見込みの者又はこれらと同等の資格があると館長が認める者
  • (3)以下のいずれかに該当する者※
    • 身体障害者手帳(身体障害者福祉法第15条)の交付を受けている者
      *都道府県知事の定める医師若しくは産業医による障害者雇用促進法別表に掲げる身体障害を有する旨の診断書・意見書(ただし、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害については、指定医によるものに限る。)も可能
    • 都道府県知事又は政令指定都市市長が発行する療育手帳の交付を受けている者又は児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医若しくは障害者職業センターにより知的障害者であると判定された者
    • 精神障害者保健福祉手帳(精神保健及び精神障害者福祉法に関する法律第45条)の交付を受けている者
  • いずれの手帳についても、交付申請中の者は、第2次選考日までに交付を受けている必要があります。

ただし、次のいずれかに該当する者は応募できません。

  • (ア)日本国籍を有しない者
  • (イ)国会職員法(昭和22年法律第85号)第2条の規定により国会職員となることができない者(次の①から④に該当する者)
    • 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
    • 懲役又は禁錮の刑に処せられて、その刑の執行を終わらない者又はその刑の執行を受けることのなくなるまでの者
    • 懲戒処分により官公職を免ぜられ、その身分を失った日から2年を経過しない者
    • 前3号のいずれかに該当する者のほか、国家公務員法(昭和22年法律第120号)の規定により官職に就く能力を有しない者

3 採用予定人数

若干名

4 応募書類

指定する様式で提出してください。

5 選考方法

(1) 選考内容

第1次

  • 英語試験(記述式)(長文読解) 60分(点字90分)
  • 小論文試験(与えられた課題についての小論文)(1,200字)60分

第2次 面接

(2) 選考会場

第1次及び第2次選考は、国立国会図書館東京本館(東京都千代田区永田町1-10-1)で行います。

(3) スケジュール

申込み受付期間 4月22日(月)~5月7日(火)(消印有効)
応募書類①②を郵送で提出してください。
詳しくは、「応募・選考の注意事項(係員級)」を御確認ください。

第1次選考 6月2日(日)

第1次選考合格者発表 6月18日(火)

第2次選考(面接) 7月2日(火)~4日(木)の指定する日

最終合格者発表 7月12日(金)以降

6 採用・待遇等

(1) 採用年月日

平成31(2019)年8月1日(木)以降 ただし当人の都合等を考慮します。

(2) 身分

国会職員としての身分を有します。

(3) 給料

「国会職員の給与等に関する規程」に基づき、決定されます。

  • 昇給は年1回
  • 次の諸手当などが支給されます。
    地域手当、期末・勤勉手当、扶養手当、住居手当、通勤手当等

(4) 勤務地

東京本館(東京都千代田区永田町1-10-1)、関西館(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)、国際子ども図書館(東京都台東区上野公園12-49)のいずれか

(5) 福利・厚生

衆議院共済組合国立国会図書館支部の契約する施設に加え、国家公務員共済組合連合会(KKR)の運営する医療機関、各種保養施設・宿泊施設等を組合員価格で利用できます。

(6) 勤務時間・休暇

  • 勤務時間
    原則として9時から17時45分まで(休憩時間12時から13時まで)
  • 休暇
    年次休暇(年間20日)、病気休暇、特別休暇(夏季休暇、産前産後休暇、忌引休暇等)、介護休暇

書類の郵送先・お問合せ先

国立国会図書館総務部人事課障害者選考採用担当
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
電話(直通) 03-3506-5198(平日 9:00-17:00)
電子メール ndl-div(at)ndl.go.jp  *(at)は半角記号の@に置き換えてください。