ホーム > 採用情報 > 先輩からのメッセージ > 収集書誌部国内資料課 鎌倉 知美(平成12年度入館)(平成30年度職員採用説明会(平成31年2月~3月開催))

国立国会図書館職員 先輩からのメッセージ

収集書誌部国内資料課  鎌倉 知美

  • 平成12年 4月 入館(Ⅱ種)、逐次刊行物部複写課
  • 平成15年 4月 主題情報部参考企画課
  • 平成18年 10月 収集書誌部外国資料課(平成19年7月~ 副主査)
  • 平成25年 4月  収集書誌部国内資料課(平成29年4月~ 係長、平成30年7月~ 主査兼係長)
    ※平成20年1月~21年5月、平成21年8月~22年4月 育児休業

はじめに

大学での専攻は日本語教育学専攻でしたが、女性が安心して長く働ける環境を重視して公務員を志望しました。行政省庁で文化教育行政に携わることも魅力的に感じましたが、最終的には面接時の印象から相性が良いと感じた当館に入館しました。

書誌データ作成業務

現在担当している書誌作成事務を中心に紹介します。書誌データとは、利用者が目的の資料にたどり着くためのツールであり、国会サービスやレファレンスサービスの下支えとなる基盤です。また、当館が作成したデータは、所蔵資料を探すために使われるだけでなく、全国書誌データとして国内外の図書館や個人に利活用されています。

書誌データは、タイトルや著者など資料の外側から見た姿を記録する「記述」と、資料の内容を分析し、件名標目表や分類表の中に位置付ける「主題」の作業によって完成します。私が担当しているのは後者で、資料をざっと読んでテーマを把握し、著者の経歴や類書との整合性などを見極めながら件名(キーワード)と分類を付与していきます。

行政資料、展覧会図録、学会の会議録、伝記、社史など様々な資料に日々触れることができますし、新しい件名を作成して書誌データの利便性をより高めることもでき、魅力のある仕事です。

新人の育成

ここ6年で4人の新規採用職員(新人)と一緒に働いてきました。 国内資料課書誌部門での育成はマンツーマン指導に始まり、様々な点検者に点検してもらう段階、一人でデータを完成させる段階、とステップアップしていきます。ここまでで一人前ですが、みなさんさらに上のステップである点検者や、マンツーマン指導の先生となる段階まで成長しています。

個々の特性に応じて「記述」と「主題」の担当を振り分け、適切なタイミングでステップアップを図っていくので、新人であってもスキルを高めて書誌データの提供に貢献することができます。次の部署に異動するときには、一人前のカタロガー(目録作成者)として送り出すよう、育成しています。

当館職員を目指す方へ

公務員は異動により様々な業務に携わる「なんでも屋」であり、当館職員も同じです。専門が活かせる時もあれば、まったくの畑違いの時もありますが、楽しむ精神が大切かと思います。また、当館には、困難なことや初めてのことへの対応力のある職員や、専門性をさらに高めようとする真摯な職員が大勢います。ワークライフバランスがとれた当館で、様々な業務に一緒にチャレンジしてみませんか?