ホーム > 書誌データの作成および提供 > 書誌データの基本方針と書誌調整 > 書誌調整について > 書誌調整に関する刊行物 > NDL書誌情報ニュースレター 総目次 > 2021年1号(通号56号)

おしらせ:令和2年度書誌調整連絡会議を開催しました

NDL書誌情報ニュースレター

NDL書誌情報ニュースレター2021年1号(通号56号)

国立国会図書館(NDL)は、2021年3月3日に令和2年度書誌調整連絡会議を開催しました。この会議は、国内の書誌調整に関する情報共有と意見交換により書誌データの作成および提供の充実と発展に資することを目的として、定期的に行われています。本年度は「著作の典拠コントロール」をテーマとし、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンライン開催としました。研究者や、図書館、書誌データ作成機関などに所属の実務者9名と、NDL職員が出席しました。

最初に、慶應義塾大学教授の谷口祥一氏から、『日本目録規則2018年版』(日本図書館協会ホームページへリンク)で規定された著作の典拠コントロールの意義についてご発表いただいた後、国文学研究資料館の増井ゆう子氏から、新日本古典籍総合データベース(国文学研究資料館のデータベースへリンク)における著作の典拠コントロールについてご発表いただきました。続いて、NDLから2021年1月に適用を開始した「著作に対する典拠形アクセス・ポイントの選択・形式基準(2021年1月)」(PDF: 494KB)について報告しました。その後、出席者による意見交換が行われ、著作の典拠コントロールの今後の普及に関する取組みとして、日本国内における著作の同定基準の調整や国内関係機関の連携を求める意見などが交わされました。

会議の概要と資料については、後日、NDLホームページの「書誌調整連絡会議」のページに掲載します。

(収集・書誌調整課 書誌調整係)


このページの先頭へ

NDL書誌情報ニュースレター(年4回刊)

ISSN 1882-0468/ISSN-L 1882-0468
2021年1号(通号56号) 2021年3月26日発行

編集 国立国会図書館収集書誌部
発行 国立国会図書館

〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1

メールアドレス:bib-newsアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー(ニュースレター編集担当)