ホーム > 書誌データの作成および提供 > NDL書誌情報ニュースレター > 2019年1号(通号48号)

おしらせ:『日本目録規則2018年版』が刊行され、PDF版が公開されました

NDL書誌情報ニュースレター

NDL書誌情報ニュースレター2019年1号(通号48号)

2018年12月25日に『日本目録規則2018年版』の冊子体が刊行され、2019年1月7日にPDF版が日本図書館協会目録委員会のホームページで公開されました[1][2]

『日本目録規則2018年版』は、日本図書館協会目録委員会と国立国会図書館収集書誌部の連携により、策定されました[4]

当館では、適用細則[5]の検討をすすめるとともに、日本図書館協会と協力して、『日本目録規則2018年版』の適用を促進し、広く国内に普及させるための活動を行っていきます。

(収集・書誌調整課 書誌調整係)

[1] これまでは、予備版(PDFファイル)が公開されていました。
収集・書誌調整課書誌調整係. おしらせ:「日本目録規則2018年版予備版」が公開されました. NDL書誌情報ニュースレター. 2018年2号(通号45号),
https://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2018_2/article_05.html, (参照 2019-02-05).

[2] 『日本目録規則2018年版』をやさしく解説した記事が『国立国会図書館月報』に掲載されています。
小林久美子. What's 書誌調整 ふたたび 第12回 新しい『日本目録規則』(NCR2018年版)の特徴. 国立国会図書館月報. 2018.11, (691), p.21-25,
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11174776_po_geppo1811.pdf?contentNo=1#page=23, (参照 2018-11-07).

[3] 冊子体販売については、以下の日本図書館協会のページをご覧ください。
日本図書館協会. “日本目録規則 2018年版”,
http://www.jla.or.jp/publications/tabid/87/pdid/p11-0000000516/Default.aspx, (参照 2019-02-05).

[4] 過去の検討経緯については、以下のページをご覧ください。
国立国会図書館. “新しい『日本目録規則』(新NCR)”,
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11043419/www.ndl.go.jp/jp/data/ncr/index.html, (参照 2019-02-05).

[5] 当館の書誌データ作成において、日本目録規則の規定をどのように適用するかを細かく定めたものです。現在採用している『日本目録規則1987年版改訂3版』の適用細則については、以下のページをご覧ください。
国立国会図書館. “日本目録規則適用細則”,
https://www.ndl.go.jp/jp/data/catstandards/ncr_regulations/index.html, (参照 2019-02-05).


このページの先頭へ

NDL書誌情報ニュースレター(年4回刊)

ISSN 1882-0468/ISSN-L 1882-0468
2019年1号(通号48号) 2019年3月27日発行

編集 国立国会図書館収集書誌部
発行 国立国会図書館

〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1

メールアドレス:bib-newsアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー(ニュースレター編集担当)