ホーム > 複写サービス > 国立国会図書館所蔵資料の掲載/展示/放映/インターネット・ホームページ等を希望される方へ > 国立国会図書館所蔵資料の復刻/翻刻を希望される方へ

国立国会図書館所蔵資料の復刻/翻刻を希望される方へ

当館所蔵資料の半分を超える複写物を出版物(電子出版物を含む)へ掲載する場合は、当館において「復刻/翻刻」と整理され、「復刻/翻刻許可申請書」の提出が必要です。また、出版物頒布に係る詳細が確定しましたら、刊行を開始する前に、当館会計課への通知などの手続きもございます(詳細は、以下の「利用条件について」をご覧ください。)。

(注)この手続きは、復刻/翻刻等に使用するための複写物や画像データの提供を受けるためのものではありません。

復刻/翻刻の申請をする前に

ご申請の前に、以下の確認事項をチェックしてください。

  1. 資料の名称・請求記号・使用箇所のご確認はお済みですか?
    資料の名称・請求記号・使用箇所が不明確ですと、通常より手続きにお時間を要する場合があります。
  2. すべての使用箇所の著作権のご確認はお済みですか?
    • 個人の著作物の場合
      著作者の没後70年間が著作権の保護期間です。著作者の没年を調査し、没後70年以上経過していることを確認してください。著作者の没後70年を経過していない場合は、著作権者の許諾書が必要です。
      ただし、著作者の没年が昭和42(1967)年以前であれば、著作権が消滅しています。
    • 団体名義の著作物の場合
      著作物の公表から70年間が著作権の保護期間です。著作物の公表から70年を経過していない場合は、著作権者の許諾書が必要です。
      ただし、公表年が昭和42(1967)年以前であれば、著作権が消滅しています。
  3. 出版物の発行までにお時間は十分にありますか?
    復刻/翻刻の申請の場合は、当館に申請書が到着してから許可書の発送までに1か月程度を要します。また、出版物頒布に係る詳細が確定しましたら、刊行を開始する前に、当館会計課への通知などの手続きもございます(詳細は、以下の「利用条件について」をご覧ください。)。余裕をもってご申請ください。
  • 「プランゲ文庫」の資料の複写物を掲載等に利用する場合は、当館への申請の前に、原所蔵機関のメリーランド大学プランゲ文庫への手続きが必要です。詳しくは、リサーチ・ナビのページをご覧ください。
  • 原所蔵機関が米国国立公文書館(National Archives and Records Administration)の資料の複写物を掲載等に利用する場合は、リサーチ・ナビのページをあわせてご覧ください。

このページの先頭へ

復刻/翻刻の申請

  • 申請書の記入に当たっては、以下の「申請書の記入例」をよくご確認いただき、必要な事項を記入してください。
  • 使用する箇所の記載が難しい場合は、使用箇所の写しの添付をお願いします。なお、申請書の記載からでは使用する箇所の特定が難しい場合は、使用箇所の写しのご提供をお願いすることがあります。
  • 著作権者の許諾を得た場合は、著作権者の許諾書を添付してください。(許諾書原本は確認の上で返送します。)
  • 資料の半分を超えない範囲を使用する場合は、「国立国会図書館所蔵資料の掲載/展示/放映/インターネット・ホームページ等を希望される方へ」のページをご確認ください。
申請書の記入例
具体的な使用方法の例 必要な申請書と記入例
  • 資料の半分を超える範囲を、出版物に写真図版として掲載する場合
  • 資料の半分を超える範囲を、インターネット上のホームページに写真図版として掲載する場合
    特に、地図や錦絵の全部を利用する場合はご注意ください。詳しくは、お問い合わせください。
    例:『江州彦根山城之図』【当館請求記号240-7】(古城及古戦場図.31)(一枚の地図資料です。)
「復刻/翻刻」許可申請書
  • 資料の半分を超える範囲を、原資料の1ページの行数、1行の文字数を完全に維持した形で、原資料の文字を活字体等に置き換えて掲載する場合

このページの先頭へ

申請先

申請書は、押印の上、以下のあて先に郵送してください。来館での申請、また、FAXやメールでの申請は受け付けていません。

申請書のあて先

〒100-8924
東京都千代田区永田町1-10-1
国立国会図書館 利用者サービス部 複写課

このページの先頭へ

利用条件について

  • 当該資料が国立国会図書館所蔵である旨を明示してください(例:「資料提供:国立国会図書館」)。
  • 国立国会図書館法に定められた納本分とは別に、製品1部を無償でご提供いただくことが条件となります。併せて、使用料のお支払いが条件となる場合もあります。オンライン出版物等による復刻・翻刻の場合の条件は、許可申請の都度、別途定めます。詳細は、復刻/翻刻許可条件一覧表[参考資料](PDF: 103KB)をご覧ください。
  • 国立国会図書館所蔵資料の復刻/翻刻許可を得た方は、その出版物の頒布に係る詳細が確定しましたら、刊行を開始する前に、別添の様式(PDF: 185KB)により、国立国会図書館総務部会計課調達係へ通知を行ってください。
  • その他、以下の点にご留意ください。
    • 著作権法上の問題が生じた場合は、申請者がその責任を負うこととなります。
    • プライバシーその他の人権に十分に配慮してください。第三者との間に問題が生じた場合は、申請者がその責任を負うこととなります。

このページの先頭へ

お問い合わせ

東京本館で入手した複写物を利用する際は、複写課複写調整係(03-3581-2331(代表))までお問い合わせください。
なお、関西館で入手した複写物を利用する際は、文献提供課複写貸出係(0774-98-1313)まで、国際子ども図書館で入手した複写物を利用する際は、資料情報課情報サービス係(03-3827-2053)までお問い合わせください。

このページの先頭へ