本文をスキップしてナビゲーションへ

インキュナブラ小辞典

[ 前へ | 次へ ]

ユリウス暦での日付表示

古代ローマの暦は、もともと太陰暦でしたので、新月の日と満月の日を特定する暦でした。太陽暦に変わっても日付の呼び方は元のままで、新月でなくとも月の初めはカレンデと呼び、満月でなくても月の半ばをイドゥスと呼びました。その他の日は、カレンデやイドゥス等に対して何日前であるという表現をしました。3月の表記例を表にしましたのでご覧ください。

3月1日Kal. Martii
3月2日VI Nonas Martii
3月3日V Nonas Martii
3月4日IV Nonas Martii
3月5日III Nonas Martii
3月6日Pridie Nonas Martii
3月7日Nonas Martii
3月8日VIII Idus Martii
3月9日VII Idus Martii
3月10日VI Idus Martii
3月11日V Idus Martii
3月12日IV Idus Martii
3月13日III Idus Martii
3月14日Pridie Idus Martii
3月15日Idibus Martii
3月16日XVII Kal. Aprilis
3月17日XVI Kal. Aprilis
3月18日XV Kal. Aprilis
3月19日XIV Kal. Aprilis
3月20日XIII Kal. Aprilis
3月21日XII Kal. Aprilis
3月22日XI Kal. Aprilis
3月23日X Kal. Aprilis
3月24日IX Kal. Aprilis
3月25日VIII Kal. Aprilis
3月26日VII Kal. Aprlis
3月27日VI Kal. Aprilis
3月28日V Kal. Aprilis
3月29日IV Kal. Aprilis
3月30日III Kal. Aprilis
3月31日Pridie Kal. Aprilis
[ 前へ | 次へ ]
| ホーム | ページの先頭 | インキュナブラ小事典 |
Copyright (C) 2004 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ページ終わり