本文をスキップしてナビゲーションへ

インキュナブラ小辞典

[ 前へ | 次へ ]

インキピット (incipit) とエクスプリキット (explicit)

「自然の鑑」のインキピット 「詩篇釈義」のエクスプリキット 「ラテン語聖書」のエクスプリキット

コロフォンの役割も兼ねています。

中世写本の冒頭は、ラテン語のincipitという言葉で始まりました。incipit ...は英語ではhere begins ...と訳され、「ここに・・・が始まる」という意味になります。この文章をインキピットと呼びます。普通incipitの後にはタイトルや著者の情報が記され、しばしば各章はincipitで始まりました。

一方、章の終わりはexplicit (英語ではhere ends) という言葉で始まる「ここに・・・が終わる」という文章が記されました。この文章をエクスプリキットと呼びます。これらの文章は本文とは別ですので、赤色で印刷された場合もあります。

[ 前へ | 次へ ]
| ホーム | ページの先頭 | インキュナブラ小事典 |
Copyright (C) 2004 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ページ終わり