蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
やしろ ひろかた 1758-1841
蔵書家らとの交友で知られる「不忍文庫」の主
 
  名前
  通称:大郎、太郎吉、号:輪池、諱:詮虎、のち詮賢、弘賢などと改める
   
  職業
  学者、幕臣
 
  人物
  幕臣の子に生まれ、幼少から書を学び、天明2年(1782)に江戸幕府の書役として登用される。寛政4年(1792)に御祐筆所詰支配勘定役、のち表祐筆勘定格となった。84歳で死去。
 
  業績
  古典の書誌的研究にすぐれ、塙保己一(はなわほきいち 1746〜1821)の『群書類従』の編刊にも参加した。文政頃より幕命によって『古今要覧稿』の編集に従ったが、未完に終わった。また『諸国風俗問状』を諸国へ送って、歳時習俗の集大成を計画した。著書は『輪池叢書』ほか多数。
 
  蔵書家との交友
  同時代の蔵書家として名高い小山田与清(おやまだともきよ 1783〜1847)、大田南畝らとともに蔵書の貸借や情報交換を行うネットワークの中心人物となっていた。
 
 
不忍文庫
印影のよみ・大きさ
「不忍文庫」(しのばずぶんこ):40×21mm
 
  蔵書について
  蔵書は5万巻といわれ、和漢を問わず多方面にわたって豊富であった。不忍池近くの宮下に書庫があったことから「不忍文庫」と呼んだ。
死後、3棟あった書庫のうち2棟は知遇を受けた徳島藩藩主蜂須賀斉昌に献納され、「阿波国文庫」の中核となった。
国立国会図書館は約250点を所蔵。丹緑本『強盗鬼神』(国立国会図書館デジタルコレクションに収録)などがある。ほかに静嘉堂文庫、国立公文書館内閣文庫などに所蔵されている。
 
  参考文献
  森銑三著『屋代弘賢』(森銑三著作集7 中央公論社 1971)
 
印影掲載資料
なごしこう
『和し考』
書誌事項 拡大画像
戻る 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ