蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
まつだいら さだのぶ 1758-1829
「寛政の改革」の立役者
 
  名前
  幼名:賢丸、号:楽翁・花月翁など
 
  職業
  白河藩主
 
  人物
  田安宗武の第3子で、8代将軍徳川吉宗の孫にあたる。
安永3年(1774)、17歳で白河城主松平定邦の養子となり、天明3年(1783)、白河藩11万石を相続する。天明7年(1787)6月、30歳の時、江戸幕府の老中に任ぜられ、寛政5年(1793)に退くまで幕政の立て直しに努めた。江戸幕府の三大改革の一つ、「寛政の改革」である。72歳で没。
学問にすぐれ、『花月草紙』『宇下人言』などの著書がある。古文物の研究では『集古十種』を編集刊行した。また、『寛政重修諸家譜』『徳川実記』ほかの幕府編纂事業の緒を開いた。
 
 
楽亭文庫
蔵書印
ほかに、「白河」「桑名」「白河文庫」「桑名文庫」「立教館/図書印」が知られている。小野則秋著『日本蔵書印考』は、「白河」「白河文庫」は定信、「桑名」「桑名文庫」は松平家、「立教館図書印」は桑名藩校の蔵書印と解している。
印影のよみ・大きさ
「楽亭文庫」(らくていぶんこ):61×18mm
 
印影掲載資料
わかんほんぞうさつようしゅうい
『和漢本草撮要拾遺』
書誌事項 拡大画像
  蔵書について
  国立国会図書館の所蔵する旧蔵書は、明治9年(1876)に文部省から交付されたものが約120点ある。
 
  参考文献
  渋沢栄一著『楽翁公伝』(岩波書店 1937)
 
前へ 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ