蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
とくがわ よしなお 1600-1650
家康から譲られた徳川御三家尾張藩の蔵書
 
  名前
  幼名:五郎太 最初は義知、次いで義利と名乗る。
字:子敬 諡号:源敬
 
 
  職業
  尾張藩主
 
  人物
  江戸幕府初代将軍の家康の第9子として生まれ、甲斐甲府藩主、尾張清洲藩主を経て、元和2年(1614)から尾張名古屋藩主として名古屋城に住まう。61万9500石を与えられ、徳川御三家尾張藩の藩祖として藩の基礎を築いた。儒学を重んじ、敬神崇祖を奨励、当時その文教政策は他に比類がなかった。
自ら、『神祗宝典』『類聚日本紀』を撰述。
 
 
御本
蔵書印
「御本」。3種ある。
「御本」という印記は駿河御譲本以外にも使用されていることから、家康でなく義直の蔵書印と判断されている。
印影のよみ・大きさ
「御本」(ごほん):34×33mm
 
印影掲載資料
もうしたいぶん
『孟子大文』
書誌事項 拡大画像
  蔵書について
  義直は、徳川家康の死後、その所蔵になった駿河文庫の一部を遺贈された。これらの書籍は、「駿河御譲本」と呼ばれている。駿河文庫は紀州、水戸、尾張からなる御三家に分譲されたが、年長で好学愛書の念が厚いことから、義直にもっとも良書が多く与えられた。
駿河御譲本は377部1839冊。約三分一は流出し、260部が名古屋市蓬左文庫に現存する。
 
  参考文献
  杉浦豊治著『蓬左文庫典籍叢録 駿河御譲本』(人文科学研究会 1975)
 
戻る 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ