蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
たかはし かげやす 1785-1829
シーボルト事件で弾圧された天文学者
 
 
求己文庫 求己堂記
蔵書印
5種類判明。「高橋蔵書」の朱方印、「求己堂記」の大きい朱方印、ローマ字印(TAKAHASHI)もある。
印影のよみ・大きさ
「求己文庫」(きゅうこぶんこ):76×18mm
「求己堂記」(きゅうこどうき):18×17mm
 
  蔵書について
  没収された国書・漢籍は昌平坂学問所に、洋書は楓山文庫に収められ天文方を経て蕃書調所へと保管されたとみられる。
 
 
  名前
  通称:作左衛門、字:子昌、号:蛮蕪、観巣、Globius
 
  職業
  天文学者(江戸幕府の天文方)
 
  人物
  文化元年(1804)、父の至時(よしとき)のあとを継いで20歳で幕府の天文方となる。書物奉行も兼ねる。西洋の学問の調査・翻訳のため蕃書和解御用(ばんしょわげごよう)を天文方に設置。ショメル(Chomel, Noel, 1632-1712)の百科事典の翻訳を進めた。語学にすぐれ、海外事情の摂取につとめたが、シーボルト事件で投獄され、獄中で病死した。享年45歳。
「新訂万国地図」を製作、伊能忠敬測量の「大日本沿海輿地全図」も景保の監督のもとに完成された。
 
  シーボルトとシーボルト事件
  ドイツの医学者シーボルト(Siebold, Philipp Franz von, 1796-1866)は、文政6年(1823)に長崎出島のオランダ商館員として来日、長崎郊外の鳴滝に塾を開き、日本の蘭科医に医学を教えた。文政9年(1826)には江戸におもむき、多くの蘭学者と交わった。その間、日本の調査のために資料を精力的に収集したが、景保が国外持ち出し禁止の日本地図をシーボルトに贈ったことが発覚し、シーボルトは幕府によって文政12年(1829)に国外へ追放され、多くの関係者が処罰を受けた。
 
  参考文献
  上原久著『高橋景保の研究』(講談社 1977)
 
印影掲載資料
Inleiding tot de algemeene geograpie.
"Inleiding tot de algemeene geograpie."
書誌事項 拡大画像
印影掲載資料
Algemeene aardrijksbeschrijving.
"Algemeene aardrijksbeschrijving."
書誌事項 拡大画像
戻る 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ