蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
かながき ろぶん 1829-1894
文明開化の戯作者
 
  名前
  姓は野崎。幼名は兼吉、長じて文蔵と称するが、維新後、仮名垣魯文と通称する。別号に野狐庵、鈍亭、猫々道人など。
 
  職業
  幕末明治の戯作者
 
魯文の手稿本と版本(花裘狐草紙から)
花裘狐草紙の手稿本 花裘狐草紙の版本
書誌事項 拡大画像
書誌事項 拡大画像
人物
江戸京橋の魚屋に生まれた。商家に奉公したが戯作で身をたてようと志し、放浪生活ののち作家となる。
万延元年(1860)滑稽本『滑稽富士詣』が好評を博し、作家として名を高めた。維新後は、『西洋道中膝栗毛』『安愚楽鍋』などをはじめとして、開化期の世相風俗を題材に鋭い筆を揮った。
神奈川県庁勤務のあと、『横浜毎日新聞』の記者を経て、『仮名読新聞』『いろは新聞』を創刊。政治・社会問題を扱う大新聞(おおしんぶん)に対し、市井の雑報、演劇界・花柳界のゴシップを中心に編まれた小新聞(こしんぶん)にふたたび戯文を連載し、際物作家としての本領を発揮した。享年66歳。
かながきぶんこ
蔵書印
ほかに、「假名垣魯文蔵」「魯文」など9点が知られている。
印影のよみ・大きさ
「かながきぶんこ」:30×20mm
  蔵書について
  芝居に関するものが多かったといわれる。現時点での当館所蔵魯文旧蔵書は3点であり、いずれも明治期購求本。
 
  参考文献
  興津要著『仮名垣魯文:文明開化の戯作者』(有隣堂 1993)
 
印影掲載資料
いなかそうし
『田舎草紙』
書誌事項 拡大画像

 

戻る 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ