蔵書印の世界 音声読み上げソフトをご利用のかたは、ここから本文へジャンプできます。
トップページ サイトマップ
はじめに 年表 人物一覧 ご利用について
前へ 次へ
あらい はくせき 1657-1725
近世における最も偉大な百科全書的文化人
 
  名前
  名は君美(きんみ)。字は在中、済美。
通称は伝蔵、勘解由(かげゆ)など。白石は号。
 
 
  職業
  儒者、朱子学者
 
  人物
  江戸に生まれ、30歳のころ木下順庵の門に入った。順庵門下ではたちまち頭角をあらわし、元禄6年(1693)師の推挙により、甲府藩主徳川綱豊(のちの6代将軍家宣)に儒者として仕えることになった。37歳だった。
宝永6年(1709)家宣が6代将軍を継ぐと、そのブレーンとしていわゆる「正徳の治」を推進、内政・外交に活躍した。しかし、享保元年(1716)7代家継が夭折し、吉宗が将軍になると退けられ、晩年は閉居して著述に努めた。享年69歳。
 
  業績
  白石の本領は、歴史学とくに日本史の研究にあった。さらに言語学・西洋事情・地理学など多方面にわたり独創的な業績を遺した。また漢詩人としても当代随一と言われた。
著作に『折たく柴の記』『西洋紀聞』、編著に『藩翰譜(はんかんぷ)』などがある。
 
 
天爵堂図書記
蔵書印
ほかに、「君美」「白石」など20数点が知られている。
「天爵堂図書記」は、白石の代表的な蔵書印になる。天爵堂は白石の号のひとつで、『孟子』告子上の「仁義忠信、善ヲ楽ミテ倦マザルハ、此レ天爵ナリ」から採られた。天爵とは人爵に対するもので、「仁義忠信等の徳は天から与えられる爵位である」という意味。
印影のよみ・大きさ
「天爵堂図書記」(てんしゃくどうとしょき):43×24mm
 
  蔵書について
  白石はかならずしも蔵書に富んでいなかったようだ。晩年は知人に蔵書の不備を訴え、書物の借用や調査を依頼していることが書簡からわかる。また日記によれば、家宣から多くの書物を借用して書き写したり、下賜されたりしている。
 
  参考文献
  『新井白石全集』全6巻(国書刊行会 1977 [1905-1907刊の復刊])
宮崎道生著『新井白石』(吉川弘文館 1989 [新装版])
 
印影掲載資料
ふそうりゃっき
『扶桑略記』
書誌事項 拡大画像

 

戻る 次へ
Copyright (C) 2003 National Diet Library,Japan. All Rights Reserved___
トップページ