重野安繹 しげの やすつぐ(1827〜1910)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(人文科学)
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 文政10年10月6日〜明治43年12月6日
1827年11月24日〜1910年12月6日)
号・別称等 重野成斎(しげの せいさい)

解説

歴史家、漢学者。父は鹿児島藩郷士。元治元年(1864)造士館助教となり、島津久光の命で『皇朝世鑑』の編纂にあたる。維新後は上京し、修史局、修史館で修史事業に携わる。明治12年(1879)東京学士会院会員に当選。14年編修副長官となり、翌年から『大日本編年史』の編纂を行う。児島高徳らの実在を否認する抹殺論を提唱。史料による実証を重んじ、考証史学を推進した。19年臨時修史局設置に伴い編修長となる。22年史学会を創設し、初代会長。翌年貴族院勅選議員となる。門人岩崎弥之助のために静嘉堂文庫創設に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm