鮫島員規 さめじま かずのり(1845〜1910)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:海軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 海軍軍人
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 弘化2年5月10日〜明治43年10月14日
1845年6月14日〜1910年10月14日)

解説

父は鹿児島藩士。明治4年(1871)海軍に入り、佐賀の乱、西南の役に出征。24年フランスで建造した軍艦「松島」を回航し、初代艦長となる。佐世保鎮守府参謀長、常備艦隊参謀長、海軍大学校長、常備艦隊司令長官などを歴任。日清戦争時には連合艦隊参謀長として黄海海戦に参加、日露戦争では佐世保鎮守府司令長官をつとめた。海軍大将。男爵。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm