河野広中 こうの ひろなか(1849〜1923)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 福島県
生没年月日 嘉永2年7月7日〜大正12年12月29日
1849年8月24日〜1923年12月29日)
号・別称等 磐州

解説

民権運動家。父は三春藩郷士。地方の下級官吏を経て、自由民権運動に参加。石陽社を設立するとともに、愛国社再興に尽力。国会期成同盟の運動で片岡健吉とともに国会開設請願書を提出。明治14年(1881)の自由党創設に参加。福島事件に連座し下獄。憲法発布の大赦で出獄し、第1回総選挙から連続14回当選。憲政本党結成に参画するとともに、普選運動と対外硬運動に奔走。36年衆議院議長。38年ポーツマス条約に反対し、日比谷焼討事件に連座。のち立憲同志会結成に加わり、第2次大隈内閣の農商務相に就任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm