小磯国昭 こいそ くにあき(1880〜1950)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:栃木県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人政治家首相
出身地(現在) 栃木県
生没年月日 明治13年3月22日〜昭和25年11月3日
1880年3月22日〜1950年11月3日)

解説

父は山形県の士族。明治33年(1900)陸軍士官学校卒業。日露戦争に従軍。40年より陸軍大学に学ぶ。以後陸軍士官学校教官、参謀本部等に勤務。昭和5年(1930)軍務局長。陸軍次官、関東軍参謀長、第5師団長、朝鮮軍司令官を歴任し、12年大将となる。14年平沼内閣の拓務相、17年朝鮮総督。19年東条内閣辞任のあとを受けて首相に就任した。戦後A級戦犯として、極東国際軍事裁判で終身刑の判決を受け、服役中に病没。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:歴代首相等写真
請求記号:憲政資料室収集文書 1142
白黒、11.2×15.8 cm