小疇伝 こあぜ つたう(1874〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:兵庫県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家
出身地(現在) 兵庫県
生没年月日 明治7年4月3日〜明治45年1月29日
1874年4月3日〜1912年1月29日)

解説

明治31年(1898)東京帝国大学法科大学を卒業し、判事となる。43年7月に大審院判事に就任。刑法学者として知られ、刑法関係の著作がある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm