黒田清隆 くろだ きよたか(1840〜1900)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:く[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家首相
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保11年10月16日〜明治33年8月23日
1840年11月9日〜1900年8月23日)

解説

父は鹿児島藩士。薩長連合の成立に寄与。戊辰戦争では五稜郭の戦いを指揮。敵将榎本武揚の助命に奔走。維新後は開拓次官、のちに同長官として北海道経営にあたり、札幌農学校の設立、屯田兵制度の導入などを行う。明治9年(1876)特命全権大使として日朝修好条規を締結。明治14年の政変により開拓長官を辞任。第1次伊藤内閣の農商務相をつとめたのち首相となり、大日本帝国憲法の発布式典にかかわった。その後枢密顧問官、枢密院議長等を歴任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:歴代首相等写真
請求記号:憲政資料室収集文書 1142
白黒、12.1×16.0 cm