池田成章 いけだ なりあき(1840〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山形県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 山形県
生没年月日 天保11年5月26日〜大正元年11月11日
1840年6月25日〜1912年11月11日)

解説

父は米沢藩士。廃藩置県後、置賜県に出仕、明治14年(1881)に沖縄県吏、17年に大蔵省に出仕したが、19年に辞任。米沢に戻り、両羽銀行を設立し、初代頭取をつとめ、地域の事業に貢献した。長男の成彬は三井財閥の銀行家として知られている。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm