熊谷直彦 くまがい なおひこ(1829〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:く[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:京都府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 京都府
生没年月日 文政11年12月24日〜大正2年3月8日
1829年1月29日〜1913年3月8日)

解説

日本画家。父は加茂の神職。四条派の画家岡本茂彦に入門、師の死後は独学。のち広島藩士で京詰衣紋方の熊谷左門の養子となり、藩士として国事に奔走する。維新後東京に出て画家として活躍。シカゴ、パリの万国博覧会、その他の展覧会に出品し、とくに人物画を得意とした。明治37年(1904)に帝室技芸員となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm