楠本正隆 くすもと まさたか(1838〜1902)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:く[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 天保9年3月20日〜明治35年2月7日
1838年4月14日〜1902年2月7日)

解説

大村藩の藩校の監察を務め、尊攘・倒幕運動の高まりの中で藩の中老として活躍。明治5年(1872)新潟県令となり、県会開設、地租改正事業推進等の改革に努め、名地方官といわれた。地方官会議の幹事、内務大丞を経て、10年には東京府知事となり、市区改正等を行う。12年元老院議官、その後副議長。23年第1回総選挙で衆議院議員に当選(以後当選4回、進歩党等に所属)、26年には星亨の後を継いで衆議院議長に就任。都新聞社主、社長も務めた。29年男爵。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm